FC2ブログ
ブルボン小島の逃げるが勝ち!
初めまして、ブルボン小島です。 最近スーパー戦隊にはまっておりまして、感想をランキングでまとめたりしています。他にも小説、阪神タイガースや競馬予想、ももクロにモバプロと広範囲にわたった内容となっております。禁煙についてのアドバイスなんかもやっておりますので、お時間の有るときに是非一読下さい!
第86回 日本ダービー 予想結果
これはあくまで備忘録と来週の安田記念に向けた
方向性の確認のために書き残しておきます。

私の今回の予想は

◎ダノンキングリー(ストームキャット)
〇サートゥルナーリア
△ロジャーバローズ(ダンジグ系)
△メイショウテンゲン(フレンチデピュティ)出遅れなければ
△リオンリオン(クロフネ)
×ヴェロックス

でした。

3強は抜けているが、どれかが断然強いというよりは
◎〇が展開次第で1着変わるレベルかなと思っていました。

結果は6頭中4頭が4着までを独占。
更に残りの2頭も出遅れとハイペースで逃げただけですので、
理由がはっきりしています。
ここまで当たると怖いが、なぜか馬券は外している始末・・・

それよりも今回は来週に向けた備忘録なんだ。

これまでの東京競馬場での特にG1は
とにかく時計が早い、そしてハイペースである。
しかし、追い込みは全くとどかないときている。

おそらく特に馬場の内側が固いのかなと思いますが、
ここまで後ろがこないとなると、走りやすいだけで、実際馬が
感じるペースはそこまで早くないと考えています。
だいたい2秒くらい通常の時計より早く出ると推測。

今回のダービーも1000m通過が59秒くらいなら、実質61秒
なので、前のこるなと思いました。

今年のダービーはリオンリオンが57.8秒で逃げましたが、
2番手以降は10馬身以上後ろにいたため、59秒5前後かなと
思います。

更にもう1つの傾向として、母系ノーザンダンサー系
(アメリカ血統)
が2着までを独占していること。

オークス1,2着は母父ストームキャット、ストームキャット
ヴィクトリア1,2着は母父フレンチ、ダンジグ

結果から1000m通過タイムに+2秒したタイムから平均よりやや早め
から平均で通過した場合、母父ノーザンダンサー系(アメリカ血統)が
来ると考えました。

NHKマイルカップは母父ミスプロ、サンデーじゃないか!
という声も聞こえてきそうですが、NHKマイルカップは私の推測では
スローだと思っていますので、そうなった場合は地力よりも瞬発力が
求められることとなり、非ノーザン系が来るのかなと。

とはいえ、アメリカ血統が来ていることは変わりません。

今回のダービーでこの血を持っていた馬と、地力が違うと考えていた
2頭で馬券は勝負しました。

結果・・・負けました⤵

敗因は以下3点

・上記理論で推した馬の中ではダノンが最上位と考えていた
・サートゥルはこれらを凌駕する馬だと思っていた
・1着はダノンかサートゥルで消えるならヴェロックスだと思った。

理論を信用して1、2着固定での買い目もあれば3連単楽勝だったのに。

ということで、がっかりするのはここまで。

おそらく、来週の土日はもとより、安田記念にもこの法則は当て
はまると思います。

ちなみにアーモンドアイの母父はサンデーです。スローならば
鉄板。平均以上に流れそうなら3着以下もあると思っています。
これはダノンプレミアムにも当てはまります。

またヴィクトリアでペースを作ったアエロリット参戦なので、
逃げるかはわかりませんが、この点からもスローはないかなと
思います。

なので、1,2着に上記2頭が居ない可能性も十分あると思って
いるので、そういった予想をしていきたいと思っています。

私の現時点で狙いたい馬は

サングレーサーとモズアスコット

ですね。
ある程度前目につけれる馬でないと勝負できないので、
この2頭がすべてをクリアできそうな感じがします。

前年天皇賞2着馬と安田記念馬なのに、相当つきそうな予感。
絶対ダービーの借りは安田記念で取り返してやる!


以上です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://burubonkojima.blog.fc2.com/tb.php/246-0314f3b6
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック