FC2ブログ
ブルボン小島の逃げるが勝ち!
初めまして、ブルボン小島です。 最近スーパー戦隊にはまっておりまして、感想をランキングでまとめたりしています。他にも小説、阪神タイガースや競馬予想、ももクロにモバプロと広範囲にわたった内容となっております。禁煙についてのアドバイスなんかもやっておりますので、お時間の有るときに是非一読下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急性咽頭蓋炎じゃなかった!
恐らく自分が思っていたよりもことが重大だったため、
気が動転していたのか病名を間違っていたことが判明。

改めて先生に聞いたところ、急性咽頭蓋炎ではなく

咽頭浮腫でした!

症状などは前回書いた通りなのですが、結局気管を
喉のひだひだが腫れた事によって塞いでしまう病気。
原因は不明だが、発症すると1日、2日で一気に悪くなる。

やってはいけないこととして

長風呂(熱い風呂)、喉を温める行為、アルコール、運動

私は風邪か気管支炎かと思い、はじめのころはなるべく
温めよう温めようとしていた為、それも悪化を手助けした
と考えられます。

現在はかなり回復したのですが備忘録としてここに
書いておきたい。

★病状経過詳細

1日目
急に喉に刺されたような痛みが生じる。

2日目
喉がイガイガして咳が出始める。

3日目
唾を飲み込むと痛みがあり、咳もひどくなる。
夜は眠れず1時間睡眠×2回だった

←ここで内科を受診。

リンパが腫れているて症状も重いので抗生剤の
ジスロマックを処方してもらう。

(去年同様の状況でしたがこれで完治した経験あり。)

4日目
2日目と3日目の間くらい。睡眠は3時間程度とれるようになる。

5日目
4日目と同様、あまり良化が見られない。
これまでと同様にのど飴の類は一切効かない。

6日目
この辺りでジスロマックの効果が出るはずなんだが、
なんと3日目と同様かそれ以上の痛みに襲われる。

7日目
別件で別の内科を訪れた際に状態を相談。
内科は内臓専門だから、喉について心配なら
耳鼻咽喉科に行くことを強く勧められる。

8日目
全く良くならない為、耳鼻咽喉科へ。
カメラで検査をして貰ったところ、かなり状態が悪いと
3回くらい言われる。
その時点で片方の腫れが気管を塞ぐ勢いであった為、
その場で総合病院での治療をすすめられる。


先生的には私がすでに抗生剤を貰っていたにも関わらず
効いていないこと、状態がかなり悪く、いつ気管をふさぐとも
わからない状況を考慮し、総合病院を勧められたが、
先生とよく話をし、まずステロイド剤を投与して1日様子を
見ることにした。


※この病気はステロイド治療が基本だそうです。

もし翌日も良化が見られなければ総合病院へ行く約束付き。
帰りには救急病院の連絡先も手渡された。


←薬を貰ったのがAM9時半頃、すぐに1回分服用。

帰宅後2時間仮眠をとって起きたところ、状態が大分良くなって
いたことを実感。その日夜に2回目の服用をした。
痛みと咳はあるものの、3日目のようなことは無かったので
少し安心。

9日目
朝起きてかなり良化していると手ごたえあり。
痛みも異物感があるくらいでほぼ無し。代わりに反対側の
腫れが気になる。
ただ咳がこれまでに無いくらい出るようになる。
うがいものど飴も効かない為、かなりつらい。

10日目
5時間くらい眠れるようになる。痛みもほぼないが咳がひどい。

改めて通院したところ、先生も良くなっていると言ってくれて
安心。咳が酷いので強めの咳止めを貰うことに。
ただ、完治したわけではないため、これまでよりも服用する
薬は少なくなったものの、継続して様子見となる。

5日くらい経って問題なければ終わり、ぶり返したらもう一度
来てくださいと言われる。

その日は午後から仕事に向かい、通常通り仕事をこなした。
夜もこれまでに無くゆっくり眠ることができた。

11日目
完全に完治したと思えるほど良化したのとは裏腹に、今度は
逆側が痛み出す。これはまた同じことのくり返しになると考えた。
恐らく全日普通に会議や打ち合わせで声を張って話をしていた
事が原因とすぐわかった。

薬はまだあったので、きちっと服用し、会社では極力声を張らずに
しゃべらずに業務をこなしていた。

12日目
昨日同様、可能な限り話をしないようにしていたところ、これまでの
ように悪化はせずに沈下していった。
ちょっとビクビクしていたが、なんとか収まってくれたよう。

【所感】
今回喉の病気だったが、抗生剤さえあれば治ると思い、内科を
受診したことが間違いの一歩目。
放置することなく病院へも行ってはいたが、初動が勝負の病気
だった為、危うく総合病院行きになりかけた。

またもう少し放置していた場合どうなっていたかというと、

総合病院で通院しながら点滴治療

もっと酷いと

総合病院へ入院しながら点滴治療

さらに最悪は

喉を切開して腫れを切除

・・・私は最悪になっていてもおかしくなかった模様。
本当に良かった。

あとは逆側にも痛みが出た際に、極力話をしないよう
心がけたのも良かったと思う。

ということで、皆さんも身体の不調を感じたら、勝手に
判断せずに、その症状にあった専門医に診てもらう事を
お勧めします。

今同じような症状を抱えている方がいれば、

すぐに耳鼻咽喉科へ行きましょう!



それでは。





スポンサーサイト
コメント
コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2017/12/23(土) 18:42:15 | URL | さくら #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://burubonkojima.blog.fc2.com/tb.php/225-8c0fd6f2
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。