FC2ブログ
ブルボン小島の逃げるが勝ち!
初めまして、ブルボン小島です。 最近スーパー戦隊にはまっておりまして、感想をランキングでまとめたりしています。他にも小説、阪神タイガースや競馬予想、ももクロにモバプロと広範囲にわたった内容となっております。禁煙についてのアドバイスなんかもやっておりますので、お時間の有るときに是非一読下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6番目のスーパー戦隊 大戦隊ゴーグルファイブ(1982年2月~1983年1月)
◆比較基準

 ・公平に検討した10項目を5段階j評価し合計点数を算出
  5段階を簡単に説明すると

 5点:エクセレント4点:凄く良い3点良い

 2点:普通1点:悪い


 ・・・という感じ。但し10項目それぞれに定性的な基準
 別途設けています。

 ※今後ある程度の期間は比較基準の説明を上段に記載します。

◆ランキングはこちらをクリック


ネタバレに気を付けて、休みも行きます6発目!


大戦隊ゴーグルファイブ


◆合計点数 ‐ 30点


【点数詳細】

◆ストーリー構成点数 ‐ 4

  ・とても良く出来たストーリー

冒険家の赤間は探検中に謎の集団に襲われる老人を助ける。
その老人は未来科学研究所の本郷博士であった。襲っていたのは
過去にいくつもの文明を滅ぼしてきた世界制服を目論むデスダーク。

彼らの野望を打ち砕くべく、コンボイに選ばれた5人の若者達が
ゴーグルファイブとして新体操を組み合わせた技を駆使しながら、
デスダークに立ち向かう。



◆ドラマ全般点数 ‐ 3

  ・ストーリー展開は単純で先が読めるものが

  多いが、戦隊ものとして楽しめる


ゴーグルファイブの文明をモチーフにしている設定が非常に
わかり辛い。特にその文明特有の技を使ったりするわけでも
無い上、新体操を組み合わせるという斬新な設定に困惑しかない。

ただ1つ1つの話が時にシリアス、時に馬鹿馬鹿しいネタを使うなど、
また一度全員やられた雰囲気を出しながら復活したりと、
メリハリも効いて良く出来ていたので話自体は面白かった。



◆レッド(赤木良次)の魅力 ‐ 4

 ・レッドとしてだけでなく、ストーリーを

  考えた時のキャラ立ちも素晴らしい


強いリーダーシップと冷静な判断力、唯一博士に直接選ばれた
戦士でまさにスーパー戦隊のレッド像。特にゴーグルファイブは
レッド+4人という構図が強いドラマなので、キャラ立ちも良い。
赤城さんはそのキャラを無理なく無駄なく演じられている。



◆他キャラ(春田純一、石井茂樹、伍代参平)

の魅力 

  ‐
 3

 ・他役者の演技力、ルックス双方

  持ち合わせている



なんといってもブラックのキャラ立ちが素晴らしい。将棋の先生、
アイスホッケーの選手、動物園の飼育員と一見一番弱そうだが、
抜群の身体能力と柔軟な頭脳で物語の推進力になっている。

さらにそれを春田さんが演じることで、違和感のないとても魅力の
あるキャラクターに仕上がっている。

ただその為か、本来運動神経が優れているブルー、力や頭脳
で勝負するイエローというキャラクターになるはずが、ブラックの
キャラ立ちの良さに圧倒される結果になり、インパクトが薄く
なってしまった。

更にブルーとイエローのキャラの違いが後半になるにつれて
曖昧になっていたような印象を受ける。

ちなみに点数はブラックが5点、ブルーが2点、イエローが2点で
平均3点としました。




◆ヒロイン(大川めぐみ)の魅力 

  ‐
3

 ・役者の演技力、ルックス双方

  持ち合わせている


当時のゴーグルファイブを見ていった男の子の憧れ的存在。
優しさのピンクという意味では戦隊イメージにぴったり。

ただ線が細くスーパー戦隊のピンクの中でも一際敵にやられる
比率が高く、その回の主役であろうとなかろうと、戦いでの活躍は
あまり期待できない。

そういう意味では強さを感じない大川さんのルックスはピンクの
イメージに合ったのかもしれない。



◆OP曲 ‐ 3

  ・とても良い歌、歌詞、曲、ボーカル全てが

  良く、ドラマの内容にも合っている。


ザ・スーパー戦隊ソングという感じのまとまった歌です。
ありそうで意外に無い詩の中で5人を紹介するフレーズがあります。

ただ全体の曲は良いですが、詩は本当にゴーグルファイブの
物語を考えて書かれたのか疑問です。どこにも文明に関する
歌詞が無いですし、飛べとか空かけろという歌詞の意味が
あまりフィットしませんでした。

曲は良かったと思うのですが・・・

それでも全体を通じてドラマにマッチしていると思います。



◆ED曲 ‐ 2

  ・歌としてはまとまっている

イントロはED曲として最高の出来と思うが、歌に入るとうっすら哀愁を
感じるがメリハリがあまり感じられない。戦いは続くぞ、デスダークを
倒すぞという歌だが、あまり力を感じない。EDなのでそれ自体はいい
のかもしれないが、メッセージが伝わってこない印象を受けた。



◆名乗り、ポージング ‐ 2

  ・戦隊ものとして有り勝ちで

  良くも悪くも普通の域を出ない


変身はブレスレッドをはめて名乗ると変身。この戦隊はポージング
にちょっと問題があって、とにかく間合いが長い。それもどんな
意味があるのかよくわからない動きを5人がします。

そして最大の問題はイエローとピンクのポージングを完了した形が
酷似している点。スーツアクターの人達がただただ大変そうに思う
ポーズです。

そして最大の問題は、最後の5人揃ってのポージングは

ゴレンジャーを彷彿とさせます。



◆必殺技 ‐ 2

  ・戦隊としてありがち

前半活躍するゴーグルビクトリーフラッシュは組み体操的な形から
放たれるV光線。これはゴーグルファイブの必殺技として名は体を
表す技で良かったと思います。

ただ後半活躍する新必殺技、ゴーグルゴールデンスピア。
仮面ライダーXを思わせる必殺技で、5人のサーベルを合体
させた槍で、どうやって浮いているのかは置いておいて、
順番に大車輪を開始。

まあそこからとどめ!といくのかと思いきや、それを一旦レッドに
預ける⇒レッドが掲げて小休止⇒4人が作ったやぐらを踏み台
にしてジャンプ⇒敵目がけて槍を投げる⇒敵倒す・・・って

なんじゃこれ(苦笑)

よく考えたら合体技でもないし。

ビクトリーフラッシュが3点、ゴールデンスピアが1点で平均2点です。



◆コスチューム ‐ 4

  ・格好良い

マスクの目の部分が、仮面舞踏会に出てくる人達がつけていそうな
マスクになっているのが魅力でもあり奇妙でもある。しかし、子供
ながらに格好良いと思ってTVを見ながら絵を書いていたのも事実。

コスチュームは戦隊としてシンプルですが、トータルとして格好いい
部類に入るのではないでしょうか。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://burubonkojima.blog.fc2.com/tb.php/178-b2b82602
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。