FC2ブログ
ブルボン小島の逃げるが勝ち!
初めまして、ブルボン小島です。 最近スーパー戦隊にはまっておりまして、感想をランキングでまとめたりしています。他にも小説、阪神タイガースや競馬予想、ももクロにモバプロと広範囲にわたった内容となっております。禁煙についてのアドバイスなんかもやっておりますので、お時間の有るときに是非一読下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良い歯医者 と 悪い歯医者・・・②
こんばんは。

最近寒くなったり暖かくなったり毎日気温差の
乱高下が酷い!偏頭痛もちの私には毎日朝
起きるのが怖くてたまりません。

さて先日

良い歯医者さんとは、どんな歯医者さん?

という投げかけをさせて頂きました。
世の中には色々な歯医者さんが居ますし、それ以上に
色々な患者さんが居ます。

↓前回のブログはこちら
良い歯医者と悪い歯医者・・・①

出来ればどんな患者さんもここに来て良かったと
思える歯医者を見つけられると幸せだなと思います。

そして歯医者に挑む患者にとっての幸せとは

痛くない治療 と 完治だと思います。

それに向かって毎週戦いを挑むわけですよね~
少しでもそれの助けになればと思い、書きます。

さて前回のおさらいですが、

私は歯が痛くなったので歯医者に行ったら、
治療は痛くなかったけれど、後々治療箇所が悪化し、
酷い痛みに。おまけに治療した歯医者は無免許で
夜逃げ
をしてしまっていた。
というなんとも3流ミステリーみたいな話でした。

今回はその後のお話です。

困った私は家族に相談し、母親が通っている歯医者へ
通う事になりました。小学生ですし現代のようにネット
など無い世界ですので、良い歯医者なんてわかりません。
生の口コミだけが唯一の検索方法でした。

そこは駅前にある大手鉄道会社所有の6階立てビルの3階
にありました。自動ドアをくぐってケーキ屋のウインドウを
横目に奥にあるエレベーターで3階まで昇る。

ドアが開きエレベーターを降りる。右手に向かうと壁には囲碁
教室の勧誘告知、それを横目にその歯医者はあった。

曇りガラスの扉に重苦しさを感じたが、背伸びをすると中が少し見え、
子供が何人かで絵本を読んだり、おもちゃを投げ合っている光景が
見えた事で僕の中の不安が徐々に・・・

おいおい、何をしてるんだ(笑)

急に小説っぽく書いてしまいました。
昔ちょっとかじろうかなと思ったことがあっただけでついつい。
お付き合い頂きすみません。でも少しイメージ浮かびました?
さて、ここからは普通に書きますね。


そこの歯医者は清潔感のあるこぎれいな歯医者で
夫婦で営業している、当たり前ですが・・・

免許もきちっとある歯医者でした。

受付のお姉さんも優しかった記憶があります。

そこで診て貰う事になるのですが、
これまでの思いのたけを子供ながらに訴えようとしたのですが、
取り付く島も与えず女性の先生が口の中を覗き込みました。

そして初めに言われた衝撃の言葉が

「これ膿んでるね、かなり酷いよ」

えっ?はっ?WHAT???

膿んでるとな?だって軽い虫歯だったはずですよ。
それがこの短期間に何で膿むんですか?
しかも虫歯レベルでいう所の3~4だって?
いやいや、それ本当にあってるの?

かなり童謡したのを覚えています。

でもここの先生は免許も持っているし、親が通っていて
良い歯医者らしい。実績もあるし、大丈夫であろう。

「先生なおりますか?」と聞くと

「頑張りましょう!」の一言

わかりました。俺は信じることにしました。
そして頑張ることを肝に銘じたのです。

そこからは地獄のような痛みと治療の繰り返しでした。
今まで歯医者に通った中で、この時の痛みが
生涯一痛かったですね。

結局ここから高校卒業まではこの歯医者に
ずっと通ってました。

結局ここの歯医者は基本治療は痛いんですよね。
それと、悪いところは取り除いてくれますが、
患者さんの不安とかは取り除いてくれませんでした。

例えばよくある光景ですが

「痛かったら手をあげてくださいね~」

「へんへい(先生)、ひはいです(痛いです)」

そしてすっと手をあげてみるも

「はい、(もう少しだから)我慢してくださいね」

とまあこんな感じ。

これ当たり前だと思っている方いますよね?

じゃあ何で手をあげさせたんだよ!
いつもそう心の中で突っ込んでました。
でも先生絶対だし、従わざるを得ないか・・・

また時にはこんなことも。

麻酔を打ってもらったが効いていない。
先生が治療を開始しようとしているので、

「先生、麻酔まだ効いていないみたいです。」

というと、先生は

「大丈夫、効いているはずだから」

えっ、いや効いていないって言ってるっしょ?
そうかこれが限界なのか、麻酔は効いているが、
この程度ということか・・・

そんな風に勝手な解釈をしていました。

あとここの歯医者では合計3本くらい歯を抜かれました。
それは当然の策だったのかもしれませんが、
安易に歯を抜きすぎのようなきも今ではします。

【結論】

この歯医者は良い歯医者でした。

でも万人に良い歯医者だったのでしょうか?
本当に腕は良かった歯医者だったのでしょうか?
免許を持っている、母親が良い先生だと言う、
痛い治療だが完治はしている。

まとめると

痛かったけど良い歯医者

でした。

但し、ここに通ったことで、私の歯医者嫌いは
決定的になりました。

だって痛くて痛くて毎回痛くてさ!

正直何度も仮病を使い、また嘘をつき、また
入口近くに行っては戻ってくるということを
何度となく繰り返したことを覚えています。

そういう事した人いますよね?
それくらい歯医者嫌いな人いますよね?
居てほしいな~


本当に歯医者がある日は前日からひどく
憂鬱になったのを覚えています。
まるでこのところの朝の寝起きのときのような。

結局私は

高校卒業と同時に歯医者も卒業しました

その時点で虫歯があったことは言うまでもありません。

以上です。次回はいよいよ神が降臨します(笑)
本当に伝えたいのは次回なので、是非ここまで
見て頂いた方は次回を期待していてください。

それでは。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://burubonkojima.blog.fc2.com/tb.php/150-a475a6e8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。