FC2ブログ
ブルボン小島の逃げるが勝ち!
初めまして、ブルボン小島です。 最近スーパー戦隊にはまっておりまして、感想をランキングでまとめたりしています。他にも小説、阪神タイガースや競馬予想、ももクロにモバプロと広範囲にわたった内容となっております。禁煙についてのアドバイスなんかもやっておりますので、お時間の有るときに是非一読下さい!
西村美紀 突然の引退に衝撃
さてそろそろ気持ちの整理がついてきたので、
ここに書きたいと思います。

以前ここでも取り上げていたPリーグでも活躍
していた一人の女子プロボウラーが電撃引退
しました。名前は

西村美紀選手

Pリーグでの愛称は

「浪速のダイナミックボンバー」

正直本人は気に入ってなかったみたい。
もっと女性らしいキャッチが良かったそうです。

さて西村選手はPリーグでも複数の優勝回数があり、
JPBAでもトップ10に入る実力者であり、なんと
永久A級ライセンスまで持っている凄い方です。
その選手が突然の引退・・・

気になりますよね、普通?

なのに全くマスコミや関係者が騒がない・・・・

何故?

私は知人から教えて貰って衝撃でした。
毎週見ているPリーグで何も言ってないのですから。
ですからまずは本人のPリーグのブログをチェック。

そこのファンの方のコメントを総合すると、

手首の怪我が原因

のようだ。かなりファンは堪えただろう。

それでも本人のコメントが無いと確実ではない。
そこで西村選手が引退についてコメントしている
Facebookを確認したところ、やはり引退理由は

手首の怪我

だったようです。

西村選手のファンの方で見ていない人の為に
本文を載せておきます。

以下本文です。

皆さま、
この度は私ごとでお騒がせしてしまい申し訳ありません。
既にご存知だとは思いますがJPBAを退会致しました。
原因は昨年からずっと患っていた手首の悪化により、
現状なげることが難しいとドクターストップがかかったからです。
ある日の朝起きたらすごくシビれてて痛くて…

今年は私なりに調子が良かったと思っていたので、それはもう
…落ち込みました。今まで通りの活動は出来ないだろう。
頭の中が真っ白でした。
ボウリング自体を全て辞めてしまおうか…
手術してリハビリして1からやるべきか…

凹むのも泣くのも考えるのも、
何もかも嫌になって
退会届を提出しました。

これからどうして行くか、
100%の答えは未だ出ていませんが
この機会にじっくり考えてみたいと思います。

もっと早く、
混乱させてしまう情報が皆さんに届いてしまう前に
報告するべきでした。
心配してくださった方々、
ごめんなさい。

ここ数日で100件を越えるメッセージをいただき、まだ私を
応援してくれている方が居ると分かりました。

今まで支えて下さった方には本当に感謝しています。
ありがとうございます。

遅いかもしれないけど
きちんと報告したいと思い書かせていただきました。
(引用元:西村美紀 Facebook)


上記を読んだ感想は・・・

えっ?いやちょっと待って!

だってですよ、つい最近までPリーグは元より、女子プロ
トーナメント戦、チャレンジマッチにも出場していた人が
手首の怪我を理由にって・・・

唐突すぎません?

最近まで試合でバンバン投げてたんですよ。
痛みを抱えて投げてたのかな?

でもそれであれば大分前から医者とも話をしていたはず。
試合数を抑えるなり、ゲーム数を制限するなり、色々
出来たと思うのですが、なぜそれをしなかったのか・・・


100歩譲って怪我だったとして、ボウリングはシニアになっても
出来るスポーツ、あと数十年やれることを考えたら、一度
ボウリングから離れて怪我を治してから復帰を考えるのが
普通ではないだろうか。

それも出来ないと100歩譲ってそうだったとしても、こんな
タイミングで退会しなくてもいいでしょう。
いつだって出来るんだから、退会なんて。
逆に一度退会してしまったら二度と復帰は出来ない。

今のタイミングでのJPBA退会なんて、

今後の人生考えてもリスクしかない

と思います。

父親もプロボウラーで小さなころからボウリング一筋、
実力も折り紙つきで、実績も残してきた選手が何故?

ここで私の疑問は一気にふくれあがりました。

そこでネットで情報収集をしたところ、気になる記事が。
まあ、そもそも引退自体の公式な情報の少なさが
異常なのはおいておいて、某掲示板や個人サイトで
知った疑惑。

窃盗事件を起こした末の引退では?

某週刊誌の記事らしいのですが、衝撃でした。
私的には全く無名な選手ならいざ知らず、トッププロが
わざわざそんなリスキーな事するかな~と疑問でした。

年収200万とか400万とか書かれてましたが、西村プロ
くらいになれば収入以外の面でのサポートがあるはずで、
賞金はそれくらいだとしても、+αの余裕があったのではと
考えています。
(詳しくは書きませんが、ボウリング場所属での給与や
出張費用、スポンサーからのサポートなどなど。)

しかし週刊誌や掲示板の内容は具体的でした。
被害にあった場所は静岡県にある柿田川パークレーンズで、
金額は60万円だったこと。そしてその金はホストに使っていた
との話もありました。

しかし、そうだったとしても半信半疑でした。だから本当にこの件
色々調べました。その結果私が白か黒かどっちと言われたら、

黒だと思わざるを得ない。

という結論に達しました。

詳しいことはわかりませんが理由は以下3つ。

1)これだけの選手が引退するというのに、

ボウリング関係者、マスコミの報道がない


2)あれだけ4姉妹として仲の良かった

姫路、大石、古田プロが

この件について全く発言をしていない。

特に家族同然だった姫路プロが何も

発しないのは異常です。


3)Pリーグで一切触れられていない。

これだけの選手なのにです、おかしい。


私は正直Pリーグが大好きで、西村選手も応援してました。
実際に観覧に行ったこともあります。
推している選手は別にいますが、引退を聞いてショックを受けたのは
まぎれもない事実。白か黒かどっちでもショックなのです。
しかし黒ならやっぱり白だった場合よりもショックはデカイ。

それに黒だった場合、西村選手は自分を応援してくれていた
ファンに対してショックだけでなく裏切るということまで犯して
しまう。未だほとんどの西村選手のファンは、手首の怪我がもとで
引退したと信じているのですから。

もしそんな選手がいるならば、そういうファンを裏切る選手を
私は許せません。だから1か月くらい色々更に調べていました。
つてを使って色々話を聞きました。
そしてその結果、今思う事があります。

西村選手のファンはもし黒だった場合、

それを知りたいのだろうか。それでも

白と言って引退して欲しいのだろうか。

私はわからなくなりました。


それにまだ黒と決まったわけではありません。
本当に悩まれて悩まれて引退されたのかもしれません。

だから私はこれ以上西村選手について語るのはやめたいと
思います。
私の希望としては、難しいかもしれませんが、大勢のファンに
嘘だけはつかないで欲しい、裏切ることだけはしないでほしい。
だってこれまであなたを支えてくれた人達なのだから。
是非西村選手からの声をいつか聴けたらいいなと思います。

西村選手、第二の人生頑張ってください!

以上が西村選手に関する私の感想です。

それでは最後に、今回の事柄を受けて1つの架空の物語を
作ってみたので、良かったら読んでください。
これは西村選手とは全く関係のない私の想像の産物です。

私の渾身の物語、"売れないアイドルリナさん!"です。

ある日ファンクラブのイベントで会場に来た売れてない
アイドルのリナさん。着替えをしようと更衣室を探しましたが
あいにくここにはそういう場所が無いようです。
困っているのを可愛そうに思った会場の関係者が

「着替えるだけなら事務所を使っていいよ」

と言ってくれました。リナさんはお礼をいい使わせて
貰う事にしました。部屋に入ると事務所らしく机が
並んでいましたが、着替えをするということで、関係者は
全員外に出てくれました。

着替えをしていたリナさんですが、最近好きな男性が
出来たのです。その彼の誕生日がせまっている。
しかし売れてないアイドルなので収入がない。

「野上さんの誕生日プレゼントどうしよう~」

なんて考えながら着替えていると、机の横に大きな
金庫があることに気づきました。
その金庫をよく見てみると、鍵が開いており、中に
お金が入っているのが見えます。

「わっお金入ってる。これだけあれば・・・」

リナさんは悪いとは思いながら、ついついその
お金に手を伸ばしてしまいました。

リナさんが出て行った後に入ってきた関係者が
金庫のお金が無いことに気づきました。
最初は事務員たちが疑われましたが、潔白を
主張する事務員に対して、会場の関係者達は
事務所の防犯ビデオを確認することにしました。

するとお金をとるリナさんが映っており、その事を
本人に話すとリナさんも言い逃れが出来なくなりました。
当然関係者は警察に届けようと考えましたが、
リナさんの所属するアイドル事務所から待ったがかかります。

「実は来月事務所のアイドルを使ったライブDVDを発売するんだ。
今この件が明るみに出るとリナさんは事務所を退社ではなく
クビということになる。クビとなるとその理由を公開しなければ
いけないというルールが我々アイドル業界にはあるんだ。
そうなると今回の件を説明しなくてはならない。となれば
DVDの発売も全て延期だ。我が事務所の損害は莫大だよ。」



そう事務所関係者が尋ねると会場関係者も

「実はうちも公に出来ない理由があるのです。
今回事務所の防犯カメラを確認して犯行を特定しましたが、
もともと更衣室替わりに使うことを承知していましたので、
その部屋をカメラで撮っていたとなると盗撮になりかねない。
だから公に立証することはうちとしても困ります。」


そこで事務所関係者から

「リナさんもクビというよりも退社という形を取った方が
今後の人生に有利ではないのだろうか。
もっともリナさんの悪い噂はよく聞くよ。
同じアイドルグループの仲間の私物にも手を出していた
そうじゃないか。サイフとかベルトとか・・・確証は無いみたいだけど。
だからある程度みんな君へは距離を置いていたとも聞くよ。
どうかな?」


リナさんはただただ
「はい・・・」
と項垂れるしかありませんでした。

その後関係者間で調整を重ねて対応内容を検討しました。
この結果このアイドルリナさんはとうとうアイドルとして夢見た
舞台に立つことが出来ませんでした。

以上で私の渾身の物語、"売れないアイドルリナさん!"完となります。

最後に気になるブログがあったのでご報告します。

こちらをどうぞ

これは以前、Pリーガーの名和さんが書かれたブログです。
今回のテーマにもしかしたら関係しているのかもしれませんので、
記載だけさせて頂きます。

それでは。

スポンサーサイト
お久しぶりです。
ブログの更新がままならず、申し訳ございません。

書きたいことは多々あるのですが、8月に入り入社以来最高の忙しさに
なりました。8月休みが連休合わせて4日しかとれず、毎日残業残業を
繰り返し、連続的に頭痛に襲われる始末です(涙)

もう少し落ち着いたら色々書き込みをしたいと思います。

ちなみにですが、先日Pリーグのシークレットゲームの観覧が当たったため、
この忙しい最中に代休を取得し、行って参りました。

内容は記載が出来ないのですが、本当に感動させてもらいました。
ボウリング見てあんなに感動するとは夢にも思いませんでした。
絶対に次も行こうと心に決めました。

DVDが発売された暁には、内容についてこちらで存分に語らせて頂きます。

ただこれは言ってもいいと思うのですが、会場内でスタッフさんが色々説明
してくれるのですが、毅然としている部分とちょー曖昧な部分が入り組んでて、
笑ってしまいました。

「時間厳守でお願いします!時間を守らない

場合には観覧頂くことが出来ません!」


と毅然と言ったかと思えば

「戻りの時間は今から・・・そーですね・・・

ざっくり10分くらいですかね!」


とか

「次始まるまでには戻ってきてください~!」

・・・・
って次始まるまでの時間は?

おいおい、それではどの程度休憩があるかわからないでしょうに(汗)

そんな事がありました。

ただ皆さんこれに賭けてるって感じで情熱は伝わってきましたね~
Pリーガーも間近にみれて興奮興奮の連続でした!

最高だ~Pリーグ!
今期は阪神が酷い始末なので、これからはPリーグ中心の生活にしていくぞ~!!!


では。

Pリーグ
今日は溶けるような暑さでしたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回ご紹介するのは、韓国ドラマでも小説でもなく、スポーツを
1つ紹介します。

以前ここでもお話ししましたが、皆さんPリーグをご存知でしょうか?
ボウリングの女子プロ、アマチュアで構成された選手たちによって
行われるトーナメントリーグ戦です。本日放送された38戦も踏まえて
ここで少しご紹介をします。

【そもそもPリーグとは?】
ボウリング人気復活の為、中山律子さんが中心となり、5つのPを
合言葉に2006年から始まったトーナメント方式で1戦1戦行われる
リーグ戦。

【5つのP】
5つのPとはPretty、Power、Passion、Performance、Perfect
の5つです。ただ強いだけでなく、パフォーマンスや情熱なども
参加する選手達いは求められます。

【大会の形式】
過去に色々な方式ありましたが、現在のものをご説明します。

大会は全て田町ハイレーンの59番、60番レーンで行われる。
優勝賞金は50万円

1組3名で戦う形式。A~Fにグループ分けされ各グループ上位1名が
準決勝へ進む。準決勝では各上位1名が決勝へ進み、敗退した
4名の内、もっともスコアが良かった選手がワイルドカードで
決勝に進む。尚1回戦各G毎に最下位の選手は次回出場停止となる。

【Pリーガー】
Pリーグに参加する選手をプロアマ問わず、Pリーガーと言います。
Pリーガーにはそれぞれキャッチコピーが付けられています。
さすがに全員は紹介できない為、今回38戦の決勝戦を戦った3名の
キャッチコピーをご紹介します。

【38戦決勝】◆決勝進出者とキャッチコピー

西村 美紀 : 浪速のダイナミックボンバー

中村 美月 : 下町の鉄腕ルーキー

酒井 美香 : レーンのスーパーモデル


選手のプロフィールなどはこちらで確認ください。
http://www.p-league.jp/index.html

3人の名前にすべて美という名前が入る、まさにPリーグならでは!
試合は確実なボウリングで決勝まで進んできた西村と、絶対女王
松永を破った中村、酒井の激突!特に中村美月プロは1回戦、
準決勝と267というダントツのスコアで勝ち上がってきた。

酒井プロは準決勝で10フレでパンチアウト以外勝ち目はない!
(実際はXX9でも良かったが・・・)という状況で見事パンチ
アウトし決勝まで来た。決勝ではここのところ準優勝、優勝、
準優勝と安定した勝ちっぷりの西村プロに2名のプロがどこまで
迫れるか!

【ネタバレ】
序盤は中村美月プロがストライクがまばらではあるが、今大会の勢い
そのまま、突っ走る。西村プロも安定感ある投球で追撃態勢。
酒井プロは私の目には一番安定していた投球をしていたように
思ったが、ストライクが出ずに10ピンタップに苦しんだ。

ちなみに10ピンタップとは、ポケットに入ったものの、10ピン
だけが残ってしまうボウリング用語です。

詳細は出来ればYOUTUBEなどで確認して貰いたいので、説明
しませんが、最終10フレで中村美月プロがリード、それを僅差で
西村プロが追う展開。酒井プロは序盤のスペア攻勢が響き、やや後退。

10フレ1投目にストライクが来れば、初優勝を手にできるところまで
見えていた中村プロ。なんとここで・・・まさか・・・

西村プロはストライクを重ねられたのか!酒井プロもストライク
ラッシュの予感。下町の鉄腕ルーキー初優勝か!それとも浪速の
ダイナミックボンバーの大逆転勝利か!東京対大阪の最高の試合を
是非皆さんご覧下さい。

ちなみに中村プロのキャッチコピーですが、私的には下町の鉄腕
ルーキーよりも、

ペガサスウイング

ビューティームーン
のどちらかが良いかな~と思います。
投げ終わった後のフォームが正にペガサス!

いや~全然書ききれませんね。
またの機会に今度はじっくり選手ごとにご紹介します!

では。